経営理念

ハウスコミュニケーションの経営理念

大阪と神戸の不動産(株)ハウスコミュニケーションの経営理念1

私たちがこの3つの気持ちを忘れることなく常に持ち続け、経営理念である、

働いている社員が精神的にも

経済的にも豊かになり、

働いている社員とその家族が、

周囲の人に自慢できる素晴らしい会社を作る。

大阪と神戸の不動産(株)ハウスコミュニケーションの経営理念2

という同じ考えのスタッフが集まるこの会社であれば、お客様を初めとする周囲の皆様と一緒に私たちも幸せになることが出来る「Housecommunication」が成り立つと信じています。

株式会社ハウスコミュニケーションとは

お住まい(House)を通じて人との絆を深める(Communication)ことを一番の幸せと感じ生まれたこの会社は、お客様をはじめ当社で働くスタッフやその家族も含めた全ての人々と幸せを共有します。

大阪と神戸の不動産(株)ハウスコミュニケーションとは

そのために私たちが大切にしていること、それは....

大阪と神戸の不動産(株)ハウスコミュニケーションの経営理念3

一般的に「縁」とは運命のようなものを意味し、人の意思や想いを超えて幸・不幸を与える力を指しますが、その「縁」をコントロールするのはあくまでも人の心だと私たちは考えます。

心を豊かにすれば幸せになり、心を貧しくすれば不幸に陥るという極めて単純明快なもので、まず私たちが心を豊かにすることで、その「縁」で繋がる周囲の人も一緒に幸せになれると確信しています。

「縁」は日本人が古くから大切にしてきた概念のひとつのため、英語には「縁」を的確に表す言葉がありません。

近いと考えられるものが「Fate」「Destiny」といった言葉なのでしょうが、私たちの考えは少し違います。

大阪と神戸の不動産(株)ハウスコミュニケーションの経営理念4

「感謝」は全ての幸せを感じることができるキーワードです。

「感謝」することは特別なことではなく、誰しもがその気持ちそのものは持っているもので、大切なことはその気持ちを素直に言葉で表せるかどうかです。

「感謝」の気持ちを強く持つ人は、自分に関わる周囲の存在を強く理解している人です。

それは人だけではなく、全ての物や環境・社会に対しても同じことが言えます。

私たちは自分ひとりで出来ることはとても限られており、お客様や同僚そして家族や物・環境・社会から多くのサポートを受けることで、幸せになるための成果を発揮できると考えます。

ですから、より多くの周りの存在から沢山の恩恵やサポートを受けるために、私たちはいつも「感謝」の気持ちを言葉で伝えます。

そして私たちが周囲の存在から恩恵を受けた分、又はそれ以上のご恩返しを、仕事を通じて行うことで、幅広い意味での社会貢献にも繋がると信じています。

大阪と神戸の不動産(株)ハウスコミュニケーションの経営理念5

私たちが出会うお客様のほとんどが「より幸せになれる家を探したい」という強い気持ちをもっておられますので、私たちは強い責任感と使命感を持ってその気持ちに応えなければなりません。

ですから私たちは誰にも負けない「情熱」を持ってお住まいを探します。

お客様が探しておられる「家」というものは、人生においてかけがえのない大切な資産であり、私たちが中途半端な気持ちでは、お客様のご要望に近いベストな家をご紹介させて頂くことはできません。

そのために私たちはいつも自分自身に厳しく、仲間同士で切磋琢磨し、人格を磨き上げています。

そうすることで、お客様からの信頼を得ることができ、より良い絆が生まれます。

プライバシーポリシー 大阪と神戸の不動産(株)ハウスコミュニケーション